FC2ブログ
パラオのダイビングとパラオライフ・海草日記
パラオ在住2桁となりました。パラオの天気、日常、ダイビング、過去への回想をゆらゆらとお伝えするパラオブログ。  パラオの天気図は右下をチェック!
コツン
パラオの天気は晴れ、やや曇り。
風が強い。

パラオ 赤い葉1号はリピーターのH&Fさんとダイビング

予定は、
ミルキーウェイ、ジェリーフィッシュレイク、2ダイブ。
韓国人ゲストのリクエストで
 ミルキーウェイと、ジェリーフィッシュレイク
イヤー何時に帰ってくるのやら・・・


意外と早いお帰りでした。
ダイビングは、ニュードロップとタートルウォールに行ったそうです。

朝、ギフトショップの女の子から電話が来た。
昨夜遅く車をぶつけてしまったお詫びと修理代を請求してくださいって内容。
朝、家を出るときにも、家のドアにメモが貼ってあって、同じ内容のことを書いてくれていました。
・・・パラオじゃ、この程度のキズ 『ジャガモンダイ(問題ない)』 です。
電話もいただいてありがたいですね。

今の小川号はダークブルー(ほぼ黒)の20年落ちのマークⅡ。
黒い車って夜の闇に隠れちゃって見えないんですよ。

実は私も去年2回、夜バックして、黒い車にコツンって当っちゃいました。(笑)
そのときも相手の人は、笑って大丈夫!って言ってくれましたから。
私も 『すみません!』 ってこと、いっぱいしています。

あ!随分前になりますが、走行中にバンパーが落ちてびっくりした事があります。
あわわ~!!ってしているうちに、後方の車の人が降りて車線からはずしてくれました。
皆さんに助けられている私です。





高温多湿なパラオ
パラオの天気は晴れ。相変わらず風あり。

パラオの天気1001301号は、H&Fさん、Aちゃん、ローカルのMちゃんとジェイソンと
ダイビング。バルはミックスチーム。
明日からまた忙しそうなネコマリン・・・。

ポイントは、
ジャーマンチャネル、ブルーコーナー、ゲメリスコーラルガーデン。
今日もマンタがいっぱいいたそうです。良かった。良かった。


冷たい潮(26度)と一緒にマンタが来たそうです。

本当は下がっている潮汐。
でも一部分で冷たい潮が上がって来ていたそうです。
4個体一緒にグルグル・クリーニングステーション。
2個体一緒にグルグル・クリーニングステーション。
また4個体一緒にグルグル・クリーニングステーション。

本当に潮が下がってきたらいなくなったそうです。

そういえば、昨日から新しいスタッフが入りました。
ドイツ系南アフリカ人のブレッド。23歳。
ヤマハ、へニーの甥っ子です。

さすがパラオ!1号の靴底がきれいに剥がれました。

パラオの気候
この高温多湿じゃ、仕方ない。
『なおす!』 と楽しそうに1号が言ってました。

製品が悪いわけではありません。
寒冷地仕様の車を砂漠に持ってきてるようなもんですもん。
これで文句を言ったら、言われた方が踏んだり蹴ったり。


このほかにも、車のダッシュボード、合成樹脂で出来たカメラの外側、靴などは、
そのまま置いておくと1年くらいで液が染み出てきます。
2週間前に着て、洗濯したTシャツがなんかかゆい。
これは多分、カビが生えているに違いないと踏んでいます。

今日は土曜日。
土曜日になるとバベルダオブ島から、中国人の八百屋さんが野菜を売りに来てくれます。
この八百屋さん、キングスマートに卸している八百屋さんです。
2年位前から、この八百屋さんを見つけると、ジョーシーが
 『ネコマリンに来て!』
と毎回誘ったのがきっかけで、毎週土曜日に来てくれるようになりました。
何でもありですな。

パラオの八百屋さん今日のお買い物は、
・青パパイヤ2個
・キュウリ1袋(おそらく10本以上入っている)
・かぼちゃの葉(初挑戦)
・大根 + おまけのナス1本
・青唐辛子1袋(辛くない)

これで$5。安い!
お店で買ったらもう少し高いかな。




外洋性の黒マンタ。
パラオの天気は晴れ。
少し風が強い。

昨日、とうとう念願のバドミントン部(?)に入った。

パラオの天気100129
通常、ブラックマンタというと、
おなか部分のほとんどが黒いものを言います。
マンタのおなかには、個体によってそれぞれ違う模様の斑点があり、
それを見て、個体識別しています。


今日のお題の黒マンタは、数年前、ブルーコーナーの下げ側で見た外洋性のマンタのことです。

その日、海はかなりうねっていました。
どうしてもブルーホールに入りたいと言う韓国人ゲスト。

 『このうねりじゃ、ブルーホールじゃなくて、ブラックホールだよ。
  もちろん上からはエントリーしないし、横からチェックして危なかったら中には入らないよ。』

と言って、彼らも納得。
波の影響を避けるため、サイドからのアプローチするけど、もう見ただけですごい。黒い。そしてアワアワ。
スレートに 『危ないから入らない。コーナーに行くね。』

みんなからOKサイン。

そのドリフトしている最中に2匹の大きなマンタが水深20mのところに現れました。
どう見ても、ヒメイトマキエイ(マンタより小さめ)の大きさじゃない。
ジャーマンで見かけるのよりも大きい。そして背中が真っ黒。光っている??

ジャーマンで見かけるマンタはリーフの沿岸や島の沿岸を回っているタイプ。
だから同じポイントや、近いポイントで同じ個体を何度も見かけることができます。
背中は黒と白。白のライン?がかっこよく入っている。色感はマット。

その日会ったマンタは明らかに見た目が違っていましたね。
さっきも書きましたが、黒光り、ギラギラ、テラテラしてました。
なんだろう?って1号に聞くと 『外洋性のマンタじゃない?』ってことで落ち着きました。

見慣れないものを見ると、ちょっと怖いですね。大きいし。

そういえば、ここ数日ジャーマンでのマンタの遭遇率がかなり低いらしい。
普通のパラオに戻ったか、それとも潮のせいか。
あと2、3日すればわかるかも。




パラオの夜はミウラ折り
パラオの天気は曇り。ちょっと晴れ。風が強い。
今日は午後からマンディとスノーケリング。

パラオ プルメリア
昨日NHKで三浦さんを取り上げていた。
おや、もしかして・・・『ミウラ折り?』
そうだった。とっても懐かしい。

学生の頃。
もう24年も前の話です。


同級生の男の子が休み時間に紙を折っていました。
数人の男子が科学朝日に載っていたミウラ折りを作成してたんです。

私も科学朝日はたまに読んでいたので、それが何かは知っていたけれど、
女子が科学朝日を読んでいると引かれると思ったのと、強度の面倒くさがりだったので、
その当時折る気にならなかったんですね。
(そんなことで引くような男子じゃなかったんですけどね。なんとなく)

どんだけ面倒臭がりかというと、
 10代の私、大の炭水化物好きなのに、炊飯器の蓋を開けるのが面倒で
 ご飯を食べなかったことが何度かあります。
 毎日疲れていました。

今思うと、多分ですが、新陳代謝が激しいのと、水分の代謝異常だったのでは?と思っています。
現在はノニのお陰と、年を取ったせいで、かなり快適です。
(体力&耐力はなくなりましたが・・・)

パラオの夜はミウラ折りパラオの夜はミウラ折り


さて、昨日ミウラ折りを早速折っていました。
20数年の月日を経て、折る気になった自分がかなり嬉しい。
パラオののどかな夜にミウラ折り。
大きさの違うミウラ折りにもチャレンジ。
コンパクトかつ、開くのもたたむのも容易。
できた!!

一番嬉しかったのは、『あーこの方が三浦さん!』って知ったことかもしれない。
80歳を超えてもあのエネルギーの強さは感動してしまう。
緒方貞子さんも私の中で素敵な方の一人。
日本の80代はすごいな。
頑張ろらなきゃ。

さて、1970年、今から40年前に発表されたミウラ折り。
その技術が今尚最先端の宇宙技術に使われているなんてすごい。
私の体も楽になってすごい!




雑談
パラオの天気は晴れ、曇り。
風が相変わらず強い。

パラオの天気100127パラオの天気100127 波


ネコマリンの前でこのくらい(手前の小波)だと、少し外に出たら右くらいの波になる。
これが、リーフの外で、周りに島など無かったら・・・結構大波です。

今日、1号はバルと一緒にミックスチームとダイビング。
私はドルフィンダイブ


ドルフィンダイブまでの間、ドルフィンのギフトショップのパラオ人スタッフから話しかけられました。

パ 『パラオに何年いるの?』
私 『多分あなたの年の半分くらい。11年になるよ。』
パ 『えー!!わたし21才だから。ホントだ。』

世間話をして、話しがアンガウルモンキーから、食の話に移っていきました。

パ 『でも、日本人って鯨、イルカ食べるんでしょ?』

つい最近もバルが同じようなことを言って来た。

バル 『日本人はイルカを食べる人もいるから、ドルフィンの施設はいい教養になる』 と・・・

その考え、認識違いだよ・・・。そして同じ質問を投げてくる。
『おいしいの?』

イルカや鯨の種類にもよるよ。食べられない種類もあるんだから。
以下延々と私の演説は続く。正しいかどうかかわからない。

日本ではイルカ、今でも食べるよ。一部の地域でね。

日本は昔、魚と野菜と本当に一部の動物の肉を少し食べてたの。
その当時、食べ物がそれほど豊かではなかったから、
イルカや鯨が捕れたり、浜に打ち揚げられたら、ご馳走だった。
神様からのプレゼントくらいに思っていたと思う。

第2次世界大戦以降、食べ物が豊かになって、必要性はなくなっているけど、
一部の地域では今もまだ続く食習慣なのよ。

 パ 『エスキモーと一緒ね。』

そう、パラオ人がジュゴンや、カメを食べたりするのと一緒。
彼らの命に感謝するから、捨てることなく内臓も全部食べるの。
それパラオも一緒でしょ?

 うなづく彼女。

私達が牛肉、豚肉を食べるようになったのって200年くらい前から。
ペリーの黒船って知ってる?
そのときから徐々に肉食が広まったの。
 
 パ 『彼らが日本に紹介したんだ。』

だから、私達、大切に思うから、牛も豚の内臓も食べるよ。

  一瞬彼女の顔が『えー』となったけど、自分達と照らし合わせて納得したみたい。
  ソーセージだって普通に食べているよね?
  腸詰ですよ。ソーセージって!

牛や、豚と何が違うの?
 との私の問いかけに、彼女の顔が明るくなった。

 パ 『そうよ。同じじゃない!あなた達、声を上げてそのこと言うべきよ。』

今は飽食だから、いらないと思うけど、昔の日本人が生きるために、
食べる分だけ取っていたってことは知って欲しい。

 パ 『エスキモーもそう言ってた。一部の人は軽蔑している人がいるけど、自分達は食べる分しか取らないって』

今ね、エスキモーが住んでいる地域にもスーパーが出来て、料理も簡単な肉食にかたよりつつあって。
そこで問題になっているのが、ビタミン不足なんだって。
前はきちんと海獣(鯨、アザラシ)からその栄養を取っていたから。
その土地にあった食って大事なんだよ。

何で、ある時期、鯨が少なくなったか知ってる?
日本だけじゃないんだよ。

産業が発達してきて、油が必要になった国。
その国が船の油、キャンドルに使うために大きな船で大量に乱獲したから。

 パ 『あ!それ、本で読んだ。』

ここで、彼女はお客様が来て、ギフトショップに戻り、私もダイビングの時間となり、お話は終了。

食文化には理由があるんですよね。
なぜ、土地によって塩分が低い醤油が好まれたり、塩分の多い醤油が好まれたりするのか?
他の食物から、塩分を取れる地方は、塩が少なく、
塩分が他の食物から取れない山岳地帯に住んでいた人たちが作っていたのは塩分が多いというデータがあるそうです。
だから一概に、何でそんな塩気の無いものをとか、なんでそんな塩辛いものをと言えない。
日本だけだってこれだけの違いがある。
世界中、どんな食文化があっても良いと思う。

でも今の先進国の 飽食 → 捨てる はどうかと思う。
どんなものでも、少し足りないくらいが丁度いいんじゃないのかな?




ミイラ
 先週仕入れた情報。
 かさぶたは皮膚のミイラ・・・
ゲー・・・
 かさぶたはキズ治りを遅くするとか・・・
えー・・・
 知らなかった。

雑誌の記事をフムフム読んでいて気がついた。
(水で洗って、○○を塗り(←忘れた)、サランラップで巻いておく。それだけ?)

昨日久しぶりに遊びに行ったオーストラリアに住んでいるKさんの記事にも書いてあった。
湿潤療法って言うらしい。
それにしてもタイムリーだなぁ。

キズパワーパッドは便利お?、お気に入りのキズパワーパッドに似てないかい?
やっぱり、治りが早いのはミイラを作らないからだ。
私がよく使用する海では海水に濡れないし、雑菌も防げる。

『ただ、使い方次第では、雑菌の温床となるので気をつけたほうがいいですよ』
とお客様から教えてもらったので、ちゃんと使用説明書通りに使ってます。
(珍しいことです。O型なので、ほぼ取説は読んだことがありません。)

そのお客様の話だと、手術等で使っていた”何とか(忘れた)”と同じ原理だそうです。
一般市民にまでその技術が使えるようになったのは嬉しいことです。

海に出ると、水で手がふやけるので、タンクの交換時に指の第2間接の皮がめくれたり、
些細なことで、怪我をするんですよ。
キズパワーパッドを使ってから治りは早いし、痛くないし、ホント重宝しています。

キズパワーパッドをプレゼント&教えてくれたY姉さん!ありがとう。
在庫が切れないように運び屋となってくれている皆さんありがとう。
助かってまーす。

そうそう、なんでミイラが気になったかというと、今、唇にかさぶたがある。ある。ある。
ミイラを唇に乗せてるって想像すると、ちょっと嫌な感じ。
唇じゃ、キズパワーパッドも使えない。

パラオの天気100126
パラオの天気は雨、曇り。

1号はバルと一緒にミックスチームとダイビング。
寒くないようねー!
スタッフはみんなモビーのボートコートを愛用しています。




パラオの水温16度??~28度
パラオの天気は晴れ。ちょっと雨。
狐の嫁入り程度の雨です。

以前7月19日の記事で水温とウエットスーツについて語りました。
今日は、最近2010年1月の水温についてです。

パラオの天気100125
最近本当に海がいい。
大物、群れ、マグロ、マンタ、ハンマー、メアジの群れ、
ツノダシの群れ、ミヤコテングハギの群れ等々
パラオの海、面白すぎる。
数ヶ月前から、ハダカハオコゼも見られるようになってきました。


これも水温のせいだと思います。
海が良い、けど冷たい → 間違い。
冷たいから、海が良い → 正しい。

1月16日のジャーマンで聞いた話によると、16度~22度。
もちろん水面付近は28度くらいはあります。
でも痺れますよー!

是非、5mmのウエットでパラオ入りしてください。

2003年か2004年も深場から、結構冷たい冷水塊があがって来ていました。
それが前回の記事(7月19日)に書いた シアズトンネル、水温は19度 の記事です。

もちろん、ほぼ毎年1月から3月には冷水塊が上がって来ていたのですが、
ここ数年それほど冷たい潮が上がってくることは無く、少し心配していたんですね。

ジャーマンの浅瀬も藻が生えてきてブルーではなく、茶色がかった緑色になりつつありましたから。
冷水塊はサンゴや魚たちにとってはいい事です。

私の中では24度以下の冷たい潮が上がってくるかは、マグロを指標にしています。
小さいマグロは水温に関係なく、やや見れますが、大きいマグロ(1.5m以上)になると冷水塊が上がってこない限り、なかなか見ることはできないからです。

冷水塊はいい事もありますが、やや難点も。
いい事 → 大物も、変な形のプランクトン、クラゲ、サルパを見ることができるチャンスが増える。
難点 → 寒い、透明度が落ちる、深場の海の色が黒いのでちょっと怖い。(笑)

パラオ ウーロンのメアジ
さて、今シーズンのパラオ(4月くらいまで)
5mmのスーツで臨みましょう!

ちなみに各ダイブショップの
レンタルウエットスーツは3mmです。






疲れたら食べる。
パラオの天気は薄曇り、晴れ。

パラオの天気100124
1月7日にお休みを頂いたあの風邪が、まだ出て行かない。
実際には12月29日の朝に”起きたらのどが痛くなった”のが始まり。

年末年始、『深酒はしない、外食も控える』 って頑張りました。
いや、頑張ったからこそ、ここまで持ったんだと思うようにしよう。
でも、自己管理が出来なかったことに反省。


アー皆様、本当にご心配をおかけしました。
そしてありがとうございます。
今月末まで海に出る予定はないので、養生しようと思います。

今回は、吐き気がないので太る。太る。
食べて、元気を!(エネルギーで暖かさを)と思っているので、とにかく食べた。
ご飯に、ラーメンとか。(病人か!って感じです)

パラオに来るときに1号のお母さんが言ってくれた。
『元気がなかったら、とにかく食べてゆっくり寝なさい。大抵のものはそれで大丈夫だから』 って。

小浜島のダイビングショップのK子さんも、
『痩せるよりもね、太るっていうのは、いい事だよ。その土地に合っているんだから。』 って。

ということで、その言葉を忠実に守っている。
でもね、本当だと思う。

食べ物の命をもらって、私達の命がつながっているんだもの。
それも、健康な命を頂いている。
感謝です。



寝正月
パラオの天気は薄曇り、晴れ。

パラオの天気100123今日は朝、お店に行って事務仕事。
と思いきや、寒気がしたので、早々に帰りました。
ご飯を食べて、起きたら4時半。

イヤー寝ました。
1号がランチに帰ってきたのもうろ覚え。






プールで遊ぶ。
今日はNちゃん、Sちゃんの最終日。
ネコマリンのプールでのんびり。

パラオ ネコマリンのプールパラオの夕日100122


とにかく、9時から4時まで遊んでいました。
途中、R&S君が遊びに来たり、Sちゃんがシンクロやって遊んでみたり。
あれ?Nちゃんは?幼稚園だそうです。

パラオの天気は晴れ。
今日の夕日もキレイ。



メルキョクのアバイ
パラオの天気は曇り、雨。少し晴れ。

パラオの天気100121今日、1号はN&Sちゃんとメルキョクのアバイと新首都、
ランドツアーに行きました。
午前中雨だったので、ガルドック湖は断念。

私?お休みデース。
すみません。げほげほ。
ほんとにすみません。






チャーターで外洋+ロックアイランドツアー
パラオの天気は曇り、晴れ。

1号はSちゃんとダイビング。Nちゃんはボートライド。
ポイントは、デクスターズウォールとコーナー。

雨雲がいっぱいあるのに何故かパラパラとしか降られなかった今日。

パラオの天気100120
私は、リピーターのK美容室、Aさん7名様と
外洋ロックアイランドツアーボートチャーターです。

チャーターって高いんじゃ?
7名様以上であれば、通常料金と変わらなくなるので、お得です!
それにネコマリンのボートは大きめなので、居住性もいいです。


今日のポイントは、
 ミルキーウェイ、ファンタジー、ジェリーフィッシュレイク、ガルメアウスビーチでランチ、タートルコーブ、
ロングビーチ


パラオ ミルキーウェイパラオ ミルキーウェイ


今回、1名様がパラオ初。
ということで、パラオの見所、フルコースです。
ミルキーウェイは1番乗り!気持ちいいです。

ファンタジーでは、ちょっと波がありましたが、今日は透明度がすごく良かった。
酔うかな?って心配されていた方も問題なし。(安心しました)
魚に手をつつかれたり、サヨリの群れはほんときれい。
ドリフトスノーケリングで、波もあったのですが、チームワークがいいのでガイドの私も安心でした。

ジェリーフィッシュレイクでも皆さんクラゲにダメージを与えないようにご協力いただきました。

波の影響を避けて、午後はタートルコーブで外洋スノーケリング。
ヒメジの群れ、クマザサの群れ、マダラタルミの群れ、サメなど、魚いっぱいでした。
ただ、ちょっと水温が冷たかったですね。

パラオ ロングビーチパラオ ロングビーチ


↑ 記念撮影前の一コマ。
この後、情報誌用に皆さんでジャンプして撮影。

ご一緒できてホント嬉しいです。
ありがとうございました。
また是非パラオで会いましょう。



治りたい。
パラオの天気は晴れ。

パラオの天気100119N&Sちゃんはペリリューに行っています。
1号はドルフィンダイブ。

明日ロックアイランドツアーに参加のS&Iさんは、
ネコマリンからイルカツアーにご参加です。

私?風邪で今日もお休みです。
治れー!!!





車の願い。
パラオの天気は晴れ。

パラオの天気100118
私はお休みいただきました。
1号は、車の調子が悪いので半休で車屋さんへ。
車も私も治れー!!

N&Sちゃんは水族館に行ったそうです。





楽しいカヤック
やや復活させました!
昨日、高熱が出て、ダウン。
楽しみにしていた アラフォーたこ焼きパーティ@クリフサイドホテル にも参加できず・・・
でも、今日、ツアーがあるので、頑張りました。

昨日の朝、喉が痛かった。
1本目、ウエットスーツは、おニュー&フードベストなのに、入った瞬間から寒い。
おかしい・・・おニューのウエットなのにおかしい・・・。

とうとうダイビングから帰ったら、体中が痛くて、スタインに送ってもらって、どうにか家にたどり着き、
とにかく足湯と生姜湯で体を温めて寝た。

パラオに来て最高の熱かも・・・
電話が鳴るけど出れないくらい・・・入院するかも・・・って思ったくらい。

アラフォー会から帰ってきた1号が、ガイドの手配をしてくれた。

しかし!今日、やや復活し、熱は何とか下がったので、

パラオの天気1001171号は、T&Mさんとダイビング
ポイントは、
ジャーマンチャネル、ブルーホール~コーナー、ヘルメットレック。

お2人とも結構潜られていますが(100本越えてます)
Mさんは初マンタだったそうです。良かった!


私は、リピーターチーム/A&M&N&Sちゃん達と、ミルキーウェイ&カヤック・アイライコースに行ってきました。

パラオの天気100117パラオ ミルキーウェイ


ミルキーウェイでも、みんなが泥を取ってきてくれました・・・
とほほ・・・
ありがとう。

アイライコースは、ヤップのストーンマネー、青の洞窟、ホワイトウォール、ロックペインティング、
ゼロ戦、ハンガーケーブ、マングローブを抜けて、日本軍の塩工場見学。

カヤックでの見所満載のコースです。

塩工場に向かう途中のチャネルを横切るとき、ものすごい風と、かなりの流れが見えました。
それを見たチームリピーター、みんなで向かい潮に向かってわざとパドリングし始めた。
進まない・・・2回くらいチャレンジしてみました。
楽しかったなぁ。自然の力はすごい。

そうそう、途中、○族も出現。これにはみんなびっくり。
イヤー、いいもの見ました。

今日は4人でシーバードのディナークルーズにドレスアップして出かけるそうです。
そのため、ツアーは2時で終了!

A&Mちゃんは、今日が最終日。
またね!
パラオの天気は曇り雨。







ハンマー見ました。
パラオの天気は晴れ、曇り。

パラオの天気100116
私は、M&Tさんとダイビング

ポイントは、
 ブルーコーナー、ニュードロップ、そして
 ジェリーフィッシュレイクでスノーケリングです。


1本目、ニュードロップを予定していましたが、いまひとつだったのと、バートチームが最終日の方もいたので、
ブルーコーナーへ。それをお伝えすると、

『え?いいんですか?』 と少し嬉しそうなお2人。良かった。(笑)

リピーターの方以外で、初日、1本目から流れているコーナー(しかもライフドロップエントリー/ブイなし潜行)
ご案内することは、まずありません。
ただ、朝、M&Tさんの器材の扱いや、振る舞い、お話しした内容で 『大丈夫!OK、行ける!』 と私のセンサーが申しました。(笑)

今日のコーナーはサメが多かったですね!
ギンガメもキレイでした。

あー!!!!!思い出した。
ダイビングの最後にハンマー見ました!!
なんだか腹がギラギラ光っているなぁ?なんだこの魚?って尾びれを見たら少し長い。
『あーハンマー!!2匹!!』
って興奮してたら、その後にミヤコテングハギの群れとそれを追う十数匹サメに遭遇。
迫力のコーナーでした。

2本とも結構いい流れだったので、フッキングもしました。
1本目はうねりがあったので、フックは使わず、サンゴにダメージを与えないように優しくその場で待機。

2本目のニュードロップでカレントフックを使った後、M&Tさんが、一言。
『フックって楽だね。』
・・・さすがです。今日、私のセンサーに間違いはありませんでした。(笑)

フッキングってスキルがないと、楽って思えない方が多いんです。
怖いって思うらしくて、フックの紐を短く持ったり、フッキングしているのに常にフィンキックしてたり。
フィンで仁王立ちになったり。(サンゴ保護の意味がない・・・)

M&Tさんは魚も追わないし、しっかりガイドも見ていてくれてホントにいいダイバーでした。

さて、1号はチームリピーターとAちゃんの誕生日を祝ってウーロンでダイビング。
Rファミリーも参加してくれました!(S君、Nちゃんも同行です。いい子に待っていてくれました。)

パラオの天気100116パラオの天気100116パラオ ウーロン


何でウーロン?
Aちゃんのニックネームが昔ウーロン茶ばかり飲んでいたので、ウーロン。
で、ウーロンエリアが大好きだからという事で。

今日のポイントは、ウーロンクリフ(ウォール/チャネルとも言う)、シアズコーナー、ウーロンチャネル。
右の写真がいいでしょ。
シンクロしてる。(笑)
お店でも、ボート上でも2人でダンスしてたしな。息ぴったり。

ジャーマンを潜っていた海坊主様が言ってた。
『ジャーマンで22度!』
他ショップの人も
『ジャーマンで16度!』

海が面白いのはこのせいです。
だから、ハンマー、マグロが見られる。
16度って秋の伊豆なみ・・・
ウエットスーツは5mmだな。






プロフィール

necomarine

Author:necomarine
パラオのダイビングショップ、ネコマリンで働くこと10年過ぎました・・・
ちょっと記念に思い出も含め回想しつつ、パラオの日常、ダイビングをブログでお伝えします。


最新記事


カレンダー

12 | 2010/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -


Facebook・ネコマリン


カテゴリ


FC2カウンター


検索フォーム


月齢


NOAAミクロネシア衛星図

http://www.goes.noaa.gov/guam/GUAMWV.JPG


高知大学衛星図

http://weather.is.kochi-u.ac.jp/QL/00Latest.jpg


月別アーカイブ


リンク

このブログをリンクに追加する


わけわけ体操

わけわけ体操


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


QRコード

QRコード


RSSリンクの表示


Flag Counter